当院では出来るだけ若い年齢のうちに避妊・去勢手術をすることを推奨しており、犬や猫に負担の少ない麻酔や手術方法を積極的に取り入れるようにしています。 大切な家族であるワンちゃん、ネコちゃんに出来るだけ長生きしてほしいと思うのは当然のことですよね。そのために出来ることの一つとして避妊・去勢手術があるのです。
ではどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

避妊・去勢のメリット

病気の発生リスクを抑える

男の子でも女の子でも年齢を重ねていくごとに性ホルモンの関与する病気が発生しやすくなります。例えば男の子は前立腺肥大精巣腫瘍など、女の子は乳腺腫瘍子宮蓄膿症などが代表的な例です。また若い年齢の時に手術するメリットも幾つかあります。例えば女の子は最初の発情前に避妊手術をした場合には90%以上の確率で乳腺腫瘍の発生が抑えられるのです。

問題行動を抑える

性ホルモンが関与する問題行動を抑えられることが期待できます。発情が来ると精神的にも不安定な状態になりがちで、様々な問題行動を起こします。

避妊・去勢のデメリット

避妊・去勢手術後に食欲が安定することもあって肥満になりやすくなります。カロリー管理を飼い主さんが気をつけてあげましょう。

手術ってどうするの?

術前には必ず全身状態のチェックを行いますので、まずは診察を受けてください。全身状態に問題がなければ予定を組んで手術を行います。避妊・去勢手術をするには全身麻酔が必要になりますが、当院では可能な限りお腹の中に糸を残さないように特殊な電気メスでシーリング技術を導入したり、レーザー手術を併用したりすることによって出血を抑え、犬や猫に負担の少ない手術を心がけています。

避妊去勢手術の様子

負担を最小限にを抑える技術